あなたが生きるに値する人生はどんな人生ですか?

わたしにとって、生きるに値する仕事。

それは、アバター(R)コースを人に提供することです。

 

その源泉は、学生時代に落胆し10年間探し求めたもの、

どうやって世界に貢献できるか?を探求した答え。

今日はその想いを綴ってみました。

 

一緒に、人生について<問い>そして、それに<答え>を見出してみませんか? 

 

 

 

 


アバター(R)コースは誰にとってどんな風に役にたつものなのか?


今日は個人的なわたしの人生観について徒然なるままに、書き綴ってみようと思います。

アバター(R)コースといういわゆるワークショップを紹介したり、受講者を募ったり、日本に広めようとしているわけなのですが、その自分の源泉(そこにある想い)を再度、振り返る機会があって、そのことについて表現してみます。

 

アバター(R)コースは9日間という長時間のプログラムです。

アバターコースに参加される方は、特徴として、子供から、おじいちゃん、おばあちゃんまでと年齢も驚くくらい幅広く、職業も多岐にわたり、いろんな人生の背景をお持ちの方が集います。

 

わたしは過去参加したワークショップが数々ありますが、ワークショップにはたいていその特色・カラーがあります。

 

ビジネスマン向け、自己啓発が好きそうなエネルギッシュな方多い感じ、成功哲学の好きな方、スピリチュアルなことが好きな人がたくさんいる、教育関係、自然環境、食育系、アート系などなど・・・

 

考えてみればこれは当たりまえで、参加される方のニーズに併せたものを提供しているから、だいたいセミナーやワークショップに参加すると、共通の関心事、参加される方のアイデンティティ・特徴・カラーのようなものがある程度あるなぁと感じていました。

 

でも、わたしが紹介しているこの「アバター(R)コース」は最年少は5歳から、最高齢はときには80歳代の方がいらっしゃることがあり、得たい成果も、興味の対象も様々で、この感じをいったいなんと表現したらいいのだろうか?と思っていました。

 

仕事、いわゆるマーケティング的にいうと、誰に何を提供するのか?の「誰に」というのは、

全ての人が対象になり、何を?というと「人生全般、人生そのもの」になります。

 

 

とにかく、2005年から自分が受講しはじめてアバター(R)というメッソドに関わり続けているのですが、「なんとも表現したがい不思議な感じ」はわたしの中にあるものでしたが、最近、ふと自分の人生にピッタリの答えが見つかりました!

 

 

それは「学校・教育」というキーワードです。

小学校のころから将来の夢は?と聞かれると「学校の先生」と答えていました。

大学でも教育課程を取得して、教師になろうとおもっていたのですが、大学生の時にふとした疑問と社会の落胆にぶつかったことがあります。

 

学校ってなあに?教育ってなあに?ということでした。

自分が学んできた公教育は、いわゆる「教え込み」「情報を吸収すること」ばかりでした。特にわたしの年齢の時代は教育とは「受験のための勉強」であることにすり替わっていたとおもいます。

大学生になったわたしの悩みは、何のためにどんな仕事をするのか?何のために生きているのか?という根本的なところにぶつかってしまいました。今までの学校教育の中で教わったことのないことでした。

「何のための人生か?」「何のために生きているのか?」自分でもわからないのに、どうやって先生になったらいいだろう。。。目標と希望を失い、落胆した大学生時代を過ごしていました。

 

あるとき、教育課程のクラスで教授がひとつの教育手法を提案してくれました。それが「シュタイナー教育」というものでした。子安さんという方が書いた本でした。

ミュンヘンの小学生―娘が学んだシュタイナー学校 (子安美知子氏)

 

当時のわたしには衝撃的でした。学校の目標が「卒業するとき(18歳くらい)自分がどんな大人になっているか?どんな職業について、何をしたいのか?を自分で決めている」ということだったのです。

 

当時大学生だったわたしが本当に欲しかたもの、答えがなくて苦しかったもの、「この人生で何がしたいのか?」「わたしはどう生きたいのか?」これを18歳の段階で自分で決めることができてる状態だというのです。

 

実はシュタイナー教育やシュタイナー思想を深く研究している人には失礼なくらい、ほとんどよく知らず、また、知らないまま、直観的にアメリカのシュタイナー大学に体験入学に参加するほどで情熱に突き動かされ、「ただ、ただ、本当の教育って、自分で人生をどうやって生きるか?決めることを学ぶんじゃないかなぁ」っと思ったのです。

 

その後、アメリカまでいったものの、落胆したままとりあえず社会人になってその後アバターに出会うまで約10年間、自分の人生をどうやって生きるのか?をあらゆることをやってみながらさまよい続けることになりました。

 

 

18歳のとき感じていた、世の中、社会にたいして、また自分自身への失望から、約10年近くたってようやく、わたしは「自分自身について学ぶ」ということを知りました。

ずっと、外側に答えを求めていたわたしが、「わたしはどう生きたいのか?」という自分の人生に対する答えは自分の内側を調べれることによっ見つかるということに気づいたのです。

 

やっとです・・(笑)

 

そして「自分自身について学」これは賢い人生戦略だとも気づきました。

 

自分がどうやって生きたいのか?を自分の内側の答えを聞かずに外側に探し求めて、結果、20代の時間の全部をそれに使っていたからです。

 

自分の人生の目的を知っていた方が、その価値観に沿って毎日生きていけるからです。これに気づいた、10年間は無駄ではなかったけれど、「自分自身について学ぶ」ことはもし授業で「いきること」というクラスがあると、これは絶対欠かせない基礎講座のようなものだと思います。

 

10年がすぎ、32歳のときにアバター(R)コースに出会い、コースを教える資格を取得できたのですが、わたしが大学生のときに問うていた、

<何のために、どう生きるのか?><私とは何者か?>

この答えをはっきり見つけ出せることができたのです。

 

わたしの源泉<本当の教育とは何か?>の答えです。

 

自分が何者か?という自分自身について学び、自分はどう生きるのか?という答えを自分で導きだし、自分で選択し決めること。

 

わたしはこの人生でこれをたくさんの人に提供していくことが自分の魂を喜ばせることだと。

そして、それは子供から大人までいくつからでも、自分の人生を生きることを学ぶことができる、アバター(R)コースとはそんな学校のようなところだと腑に落ちてきました。だから、セミナーでもなく、ワークショップでもなく、自己啓発や、成功哲学を学ぶところでもありません。

 

アバター(R)は自分の人生を生きることを学ぶ、自分自身について学ぶことができる場所です。

 

人生の答えは自分で決めるのです。

 

そして、この学びは、<肉体をもっている人生>を超えていくようなスケールの大きい壮大なものなのです。

 

わたしの情熱が一番焚き付けられるところは、人生について真摯について学ぶことは、「人の尊さ」を毎日の生活の中で最優先されると感じれることです。生きることが肉体を活かすためのものでなく、より、「生きることを問う」という価値が感じらえることです。

 

 

あなたが生きるに値する人生はどんな人生ですか?

その答えを自分で見つけ出したいですか?

 

★自分自身について学ぶ、最初のステップ👉アバター無料体験インフォアワー

 


アバター(R)を広めることでどうやって社会に貢献するのか?ビジネスとしてのモチベーション!


 

アバター(R)コースは<自分とは何か?><自分の人生の決断ー人生は自分が決めた通りになる>という源の視点に目覚めるために、9日間の一連のプロセスがプログラムされています。

それはこれまで教え込まれたものから自分自身を解き放ち、自分で本当に決めるという意志を目覚めさせるとても丁寧で繊細で且つパワフルなプロセスです。料金は9日間で334,500円です。(別途テキスト代要)

 

このコースという商品を世の中に提供した結果、その人の人生や社会、または🌏地球という惑星にどんな恩恵をもたらすことができるだとう?というビジネスとしての大事な視点について触れたいとおもいます。

 

何度もいいますが、アバター(R)コースは<自分自身について学ぶ><自分の人生を生きることを学ぶ>というもので、曖昧で、当たり前ですが、人によってその答えが異なります

これ!という答えを絞ることはできないものです。

また、何より神秘的なのは、人は一瞬、一瞬、変化し、成長しているということです。

 

期待される成果をある人が得たとして、でも、次の瞬間、その人が欲しい成果は変化している可能性があるのです。

 

わたしはアバター(R)コースを学んで12年目になりますが、自分自身が変化しすぎて、昔、自分がどんな自分だったのか?って忘れてしまいそうになります。また決めた目標だって変わることもあるし、変えてもいいと思います。

 

そんな中で、アバター(R)コースがどんなメリットを提供できるのか?という一つの共通のものを発見しました。

 

それは、<未来の可能性・希望>です。

 

アバターコースのゴールである、<源の存在>は自分で自分自身の経験している現実を変える力に目覚めています。

そして、アバター(R)という意識の探求には、「自分の思考・意識を向けているものが、自分が経験する世界につながる」という心と物理的現実世界の関わりに精通することができます。

 

もし、最悪の状態を創っていたとしても、次の瞬間、自分にとって最良のものは何か?を熟考し、最良の現実へアクセスするための選択ができます。自分の思考や態度を変えることによってです。

 

今の人生が自分にとって大嫌いな状態であっても、自分次第で未来に起きることを変えることができます。

今の、世の中が絶望的であっても、理想の未来を信じることで変化を創りだしていくことは可能です。

 

<未来の可能性>と<希望>

 

目には見えない、形のないもの。

だけれども、この<可能性>と<希望>が人を救い、地球を救う大事な要素なのだとおもいます。

 

アバター(R)は人類の可能性に挑戦し、この地球に最高の希望をもたらすことができる仕事(ビジネス)です。

 

あなたの人生に可能性を増やすことができるそんな道具があれば、手にしてみたいですか?

どうやってそれができるのか?を試してみたいですか?

 

★自分自身について学ぶ、最初のステップ👉アバター無料体験インフォアワー

 

 

 

*アバター®、リサーフェシング®︎は米国スターズエッジ社の登録商標です。全ての権利は同社が保有しています。このサイトの投稿は私個人のものであり、必ずしもスターズエッジ社の立場や、戦略、意見を代弁するものではりません。
このサイトの投稿は私個人のものであり、必ずしもSEIの立場や、戦略、意見を代弁するものではありません。