「ソウル オブ マネー」愛をお金で買いましょうー番外編。幸せ創造研究所・研究員募集!

こんにちは。アバターマスターさいわいとみよです。

 

愛♥お金💰で買いましょう!

6回シリーズの最後を『愛をお金で買いましょう』とは自分を愛し、エゴを愛して、人生を愛し、他者と世界と地球という惑星を愛する♥  「愛」を加速させるものに「お金」を払って「愛に価値をあたえよう」と、堂々とわたしの商品であるアバターコースを購入してください。という締めくくりで終了しました。(笑)

 

もちろん、アバターコースは素晴らしいコースでぜひ受講していただきたいのですが、真意はさらに別にあります。

エゴを含めた自分への愛、自分の身体への愛、人生への愛、他者と世界、自然への愛、すべて関わるものを購入する選択をして「それらの価値」を高めることすべて「愛をお金で買いましょう」とお伝えしています。

 

例えば、自分の身体にとっていい製品を購入する、ヨガや瞑想のテクニックを学ぶためにお金を使うこと、スピリチュアルなもの、コミュニケーションを円滑にするようなセッションを受講するなんでも!環境にいい製品にお金を使うこと、自分を元気にさせたり、わくわくさせるものにお金を使うこと。(わたしなんかは、元お笑い芸人さんによる大喜利セミナーなんかにもいっています。(笑)

また、わたしの友人は戦争の武器をなんからの形で提供している会社の製品や、金融機関を調べてそれを使わない=購入しないようにするという決意をしています。これは本当にすごいことだと思います。

 

 

今日、紹介するのは、『ソウルオブマネー』という📖本と、その著者のリンツゥイストさんのTEDでのプレゼンテーションです。

 

人類最大の秘密の扉を開く 「ソウル・オブ・マネー」

世界をまるっきり変えてしまう<お金とあなたとの関係>  

 

この本は、慈善事業家であり、世界の飢餓を終わらせる「ハンガープロジェクト」協会の設立当初のメンバーであった『リンツゥイスト』さんがそのためのファンドトレザー(資金調達)の仕事を通じて出会った「お金の真実」について書かれている本です。

 

冒頭は、アマゾンの奥地にあるアチュアル族のお話から始まります。彼らの世界には「お金」というものが全く存在ません、そんな彼らとの関わり、そして、飢餓や戦争で苦しんでいる国の人々、または金融の頂点にたった人々、そして、マザーテレサや、ダライラマ法王との対話。これらの経験を含めて、書かれた「お金の本」です。

 

 

冒頭の訳者の言葉にこうあります。

 

リンは「お金について探求すること」は「自分が何者かを知ること」だと言っています。と。

 

わたしが読み進めて印象的だったのは、

ハンガープロジェクトー世界の飢餓をストップさせる行動をしたことで、「自分自身の内なる飢餓と嘘」そして「自分の不適切なライフスタイル」に気づいたことです。

と書かれたあったことです。

 

世界の飢餓は「自分の内なる飢餓」だったということ!!

 

リンさんはこの動画の中でマザーテレサから学んだこととして、

「富がもたらす冷酷さの苦しみは、抑圧による苦しみや貧困よる厳しさと同じである」

と伝えてくれています。

 

根本的なものは「お金の量」ではないということです。

 

プレゼンの最後にリンツイストさんが地球環境のエコロジーとエコノミー(経済活動)とは同じであるといっています。いろんな考え方があると思いますが、わたしは「そうだなぁ、エコロジーとエコノミーは両方とも、人の意識の問題だ」と感じました。

 

そして、究極を突き詰めるとやっぱり「愛」に行き着くのだと、そう思います!

 

本の最後の文章を抜粋します。

 

「わたしはこの本を地球上の全ての人に*魂*の次元で「お金」とつながる方法として分かちあいます。

あなたがお金に自らの魂を吹き込み、あなたの存在そのもの、そして、あなたのハートからあふれる愛を表現していいくことをわたしは願っています。」

 

********************

幸せ創造研究所❤研究員募集 !

 

こんにちは、幸せ創造研究所・所長 幸です。

(現在、所長ひとりで活動しています (笑)(涙)

上記の流れを受けて、研究員を募集することにしました!

 

研究テーマは「お金と愛」です。

 

東京近郊の方は、カフェでこの本をベースに読書会を開きます☕

近々カフェ会のお知らせをします、お楽しみに〜!

 

※遠方の方はskypeカフェ会☕を開催します〜!

 

研究員(参加費無料、入部、退部・自由)に

ご興味がある方はこちらまでメッセージくださいませ!

※メッセージにお名前、メールアドレス、研究員希望とコメントください。

追ってご連絡します✉

 

********************