愛♥をお金で買いましょうーその⑤愛をお金で買うことと、新しい文明へ向かって。

 

.**。..**。..**。..**。...**

..**。..**。..**。..

 

この地球上でなされるべき本当の仕事とは何でしょうか?

それは私たちがもっと気づきを高め、

自分たちの本質が非暴力的であることを忘れないようにし、

そしてこの地球上に慈しみの気持ちと協力を増やしていくといことです。

 

ハリーパルマー氏

 

 .**。..**。..**。..**。...**。

..**。..**。..**。..

 

このメッセージはアバター教材開発者のハリーパルマー氏のメッセージで、

わたしが一番好きなメッセージです。

 

わたしは2005年にアバターコースを受講し、2006年にアバターを教えるライセンス・アバターマスターを取得し、ずっとアバターを人に教えたり、アバターを広めることをやってきました。

 

アバターを受講する当初、コーチングの手法を教えるコーチをやっていました。

人の人生と深くかかわっていくと、

「人がチャレンジするときにそれを止めようとする制限をどうやったら取り除けるのだろうか?」

というのがわたしの悩みでした。

その制限にずっと耳を傾けていると「小さいころのトラウマ的な感情」や、「痛み、傷」

そんなものが大人になっても影響を及ぼしていたり、人間関係や結婚生活、親子関係、人生の選択、

お金とのかかわりすべてに関係していることに気づきました。

 

わたし自身もコーチングを学び継続してセッションを受けていましたので、

「自分を制限したり、自己を否定するような側面は自分の青写真から来ている」

ということには気づいていました。

でも、実際に「これを取り除いたり」「制限や限界のない自己」を

自分が経験したい、クライアントさんにも経験してほしい!

 

「人の中にある無限の可能性」というものがあるならそれがどんな状態なのか?

それを知りたいと強く願っていました。だからアバターが人生に現れたのだと思います。

 

そんなわたしは、最初わたしはアバターを成功哲学のコースのように捉えていました。

2005年当初、アバターを受講した理由が自分が成功したかったからです。

成功体験を経験したかったからです。

コースでは「自分に対する劣等感」や「成功することへの恐れ、罪悪感」「両親との分離」など数えきれないほどのものを扱い、相当、感情的な癒しと解放が起きたと思います。

第2部、第3部へと進み、「わたしは源だ」という視点を経験し始めたとき、

「わたしはなんでも出来る!」「わたしは源だ!」と今まで経験したことのないパワフルな自己を感じました。

第3部の再度のセッション、【究極のプロセス】を経験したとき

「わたしは「私」じゃなかっ・・・、肉体でもなかった・・・」ということに目覚めました。

 

究極のプロセスでは、最初に肉体・身体の感覚がなくなり、次に「バイブレーション」としての存在を知覚しました。その次にそのバイブレーションを創りだし、バイブレーションを消滅させている、背後の【ワタシの存在】に目覚めました。

自分が生きている人生の背後には「ワタシ」が創ったり、消したりするという決断する意志のみがあったのです。

 

全ての制限や今起きてい。る現実を「わたしが決めて、わたしが創りだしている」ということに目覚めました。これが創造主の視点をもった「アバター」としての存在です。

 

 アバターとの出会いは「ずっと人の中にある「無限の可能性」を突き詰めたかった」私に、人生がくれた贈り物でした。

 コース終了後、本当にわたしはコーチとして講師業を務めはじめたり、大きな契約に携わったりと飛躍することができましたし、自分が望んだ成功を経験し始めました。

.**。..**。..**。..**。...**。

..**。..**。..**。..

※アバターコースの体験談シリーズはこちら👉

内観のススメ⑪その鍵をあけるのはあなた🎶

内観のススメ⑫意識を探求するテクニックーアバターわたしのばやい。

内観のススメ⑬浮かびあがる人生のネガティブパターン

内観のススメ⑭心につくウソ!ウソ!ウソ!

内観のススメ⑮-誰も何も教えてくれない不快なワークショップーアバターわたしのばやい。

内観のススメ⑯ー創造主の視点をとりもどすー神様との契約 アバターわたしのばやい。

内観のススメ⑰ーアバター 内なる神との出会い。そして、肉体よ、こんにちは。

 .**。..**。..**。..**。...**。

..**。..**。..**。..

 

その後、マスターコースに進みました。マスターコースに参加したのは、もっと成功したかったからです。成功するには「もっと人と繋がっていく技術」が必要だと感じたから。

マスターコースでは「人との間にある分離の感覚、人前で気に入られようとするために自分がふりをしてしまう態度、ずっと怒りを抑えつけている自分と正直な繋がり」について深めました。

 

アバターの最上級コースにも参加しました。【ウィザードコースー魔法使い】という名前のコースです。わたしはもっともっと「パワフルで、サイキックで、成功した人」になりたかった。

名前のとおりすごい人になれそうな予感がしていました。

 

ところが、ウィザードコースに参加して見つけた自己は想像をはるかに超える自己でした。

 

それは一言でいうと、自分はチッポケな存在だということです。

 

それは自分はたいしたことがないと自己否定するような感覚ではなくて、

わたしはみんなに支えられて生きているそんな存在だ、社会の中の一人、自然に生かされている一人、

または宇宙のかけらとしての一人という感覚です。

 

自分という存在を主張する必要がなく、成功するかどうか?という恐れや、

自分が愛されているかどうかという不安からも自由でした。

 

そしてそんなことを気にするよりも「今、存在していること」への感謝の気持ちや、

また自分と繋がってくれている人、また全く知らない目の前にいる人、

まだ会ったこともない地球上に住んでいる人に対して、

「静かな愛情」を感じている状態です。

 

愛の泉があるとしたら、そこから無限に美しく溢れ出る。そんな感じなのです。

 

アバターを開発したハリーさんの著書の中にも「アバターの道」を進む過程でおきる、

このような「人の進化」について書かれていました。

アバターはその人自身の制限を取り除いたり、成功を現実で経験させたり、

幸せや豊かさを経験させたりする以上のテクニックだった・・・・・

ということをハリーさんは気づかれたと

「アバターの道、覚醒をマーケティングする」の章に体験談として書かれています。

 

 

わたしはこの章が大好きで、ここを読むとなぜか涙😢が出てきてしまうのです。

 

 

アバターコースを受講していく過程で起きる「意識の目覚め」と「意識の進化」は一人の人生のため以上の恩恵を世界にもたらすことをやっていることに気づいていきます。

 

アバターをやることは、集合意識の自己として、今の社会、世界に影響を及ぼす、貴重な存在となる

ことなのです。アバターコースを受講するということは、今の時代を救う勇者になることなのです。

 

『覚醒した星の文明の創造に貢献する』

新しい文明を切り拓いていく、そんな自己としての大きな責任を担うことになるのです。

 

最初、このことに気づいたとき、わたしは少し圧倒されたし、こう感じることに傲慢な自分になるのではないか?という恐れを感じました。

 

自分が世界を変える勇者であるといっているのです、(笑)

 

いやいやいや・・・と笑って訂正して、自分はそれほど大した人間ではないって言いたくなりました。

 

 

だから、アバターコースを人生がよくなるコースだよって説明したりしていました。

もちろん確実にそうなのですが、自分でもどうやって本当のことを伝えたらいいのかわからないままでいました。

 

今回、思い切って「愛♥をお金で買いましょう」というタイトルのブログを書いてみたのは、自分の中にあった戸惑いの気持ちがなくなり、自分が伝えたいこととアバターコースのミッションが一致したからです。

 

つづく・・・

*******************

意識の探求にご興味がある方はこちら👉

 

●無料メールマガジンがオススメです♬

意識を学んで人生に魔法を起こすメールレッスン!

 

●「考えるより、感じよ!」実際に体験してみよう🎶

無料体験ー60分で自分の意識を解き明かす旅

無料体験ーインフォアワーについてはこちら👉

 

●アバター🄬コースについてお知りになりたい方

アバターって何ですか?はこちら👉

 

ホームページTOPへ👆  ひとつ前へ /

 

*******************