ブログ☆レッスン8 お化けっているの?天国ってあるの?意識の仕組み-3つの領域と9つの存在モード

 

「心の仕組みがいったいどうなっているのか?知りたい!」

「感情はどこから生まれてくるの?」

「直観って何?どうやって磨くの?」

「神様、とか、天国とかほんまにあるのか?」

「輪廻転生ってほんまか?」

「せやねん、ぶっちゃけ、お化けとかおったら怖いけど、おんのか?!おらんのかーー?」

 

「そう、わたしは宇宙の仕組み」を全部知りたい!!!!

 

そう懇願していました。


意識の3つの領域と9つの存在モードって何ですか?


こんにちは。アバターマスターさいわいとみよです。

 

わたしがスピリチュアルなことに興味を持ち始めたとき、一番最初に思ったのは、

 

「お化けっているの?天国ってほんまにあんの?」

 

 

という疑問でした。

 

こういう話題ってどうもオカルト的で、「あなたの知らない世界」など(←古い?(笑))

子供のときに封印してしまっていました。

 

でも、目に見えない世界の扉を開け始めたときに、

「本当のところはどうなんだろう?」って好奇心が再び再燃しました!

 

ちょうど、アバターに出会う直前のわたしは、

 

「心の仕組みがいったいどうなっているのか?知りたい!」

「感情はどこから生まれてくるの?」

「直観って何?どうやって磨くの?」

「神様、とか、天国とかほんまにあるのか?」

「輪廻転生ってほんまか?」

「せやねん、ぶっちゃけ、お化けとかおったら怖いけど、おんのか?!おらんのかーー?」

 

「そう、わたしは宇宙の仕組み」を全部知りたい!!!!

 

そう懇願していました。

 

前回、意識のチャンネルについて紹介しましたが

(→意識のチャンネルーあなたが経験したいのは何チャンネル

この熱意がアバターを引き寄せて経験したんだと思います。

(笑)

 

そして、アバターのWizard(ウィザード・魔法使い)上級コースにいったとき、

生きながらにして、知りたかった「宇宙の仕組み」を全部しれた!

って、自分の人生に感動してしばらく動けなったことを覚えています。

涙。

 

今日はハリーさんの著書「アバターの道2-プライベートレッスン」の中から、

とっておきの意識の仕組みについてこちらで公開します。

 

 

「アバターの道2-プライベートレッスン レッスン14」

3つの領域と9つの存在モード

 

存在状態には3つの主な領域があります。

自己が有機体のように機能している動物的行動、

自己がこころの中の概念的アイデンティティー(エゴ)として存在している知的意識、

そして、自己が無限定の存在状態(魂)として存在する霊的状態です。

 

存在状態の領域をさらに細かく分けると、

霊的領域には、3つの機能モードがあります:観察、直観、そして創始です。

知的領域には、3つの精神的機能モードがあります:想像、思考、そして回想です。

動物意識の領域には3つの反応行動モードがあります:本能、反応、そしてエンティティです。

 

 

霊的領域(人間の約5%〜10%は、無限定の存在状態で機能しています)

1.観察モード

2.直観モード

3.創始モード

 

知的領域(人間の約30%〜40%は、こころの中の限定された概念的アイデンティティーとして存在しています。例:わたしはサムだ。)

4.想像モード

5.思考モード

6.回想モード

 

動物領域(人間の約50%〜65%は、主に、本能と条件付けに従って機能するこころを持つ身体として存在しています)

7.本能モード

8.反応モード

9.エンティティ放射モード

 

 

この1〜9までのモードは、すべてウィザードコースで自分で探検し経験して学んでいきけるようなプログラムになっています。

 

 

自分の人生で起きる現実を研究しはじめるとき、自分が意識のどのモードにいたか?

もしくは、どのモードで機能したいか?を選択できることに気づきます。

 

人間の意識の仕組みを知れば知るほど、無限の可能性に魅了されますね!

 

 

次回は、ブログ☆レッスン9「慈しみチャンネルとその魔法」について紹介します。

  


どうやったらアバターを学べますか?


アバターを知るには以下の「アバターを学ぶ3つの方法」のうち、ご自身の始めやすい方法からスタートしてください♬

 アバターSTRT☆UP

「アバターを学ぶー3つの方法」はこちら👉

 TOPへ ひとつ前のブログへ ブログTOPへ

 

Avatar® 、Resurfacing® はスターズエッジ社の商標登録です。全権利は同社が保有します。
このページ上では体験者個人の意見でありスターズエッジ社の方針、意向を代弁するものではありません。