ブログ☆レッスン4「意識の設計図」②-心を道具として扱う方法!

 

「心」を「道具」として扱う! 興味深い概念だとおもいませんか?

これはアバターの教材を開発したハリーさんの言葉です。

 あなたは「こころ」というものが人生にどれだけ影響を与えてるのか?と考えたことがありますか?

 

自分のネガティブな思考、感情をコントロールできたらどんなに楽か?ですよね。

しかし、「こころ」をコントロールできることが、人生に起こることを変える重要な役割を持っていることに気づいたことはありますか?


「心を道具」として扱うとはどういうことですか?


こんにちは。アバターマスターのさいわいとみよです。

  

「心」を「道具」として扱う! 興味深い概念だとおもいませんか?

これはアバターの教材を開発したハリーさんの言葉です。

 

あなたは「こころ」というものが人生にどれだけ影響を与えてるのか?と考えたことがありますか?

●天気がいいと気分が良くなり、曇りや雨が続くと憂鬱になる。

●誰かに自分の気に入らないことを言われて、2.3週間,何度も同じことを思い出し、イライラして落ち込む。

●誰かに褒められたり、評価されると、気分がよくなる!

●何かやりたいことを見つけても、不安になって尻込みして、やる気がなえて、結局やらなかった。

●やろうと決めたけど、めんどくさくなったり、眠気が起きて長続きしない。

 

このリスト、全て過去のわたしに当てはまるものなのですが・・・・(笑)

共通点があります。

なんでしょう?

 

全て、「自分が自分の心に支配されている」という点です。

「感情・心の赴くままに〜」というと聞こえがいいですが、「心のなすがまま」外側の環境や人や物事に左右されて、まったく、「自分」に「主導権」がありません。

 

もう少し、厳しい言い方をすると、「自分が自分のこころ・感情に支配させている」といえます。

「わたし」の「意図的な決断」「心の状態に対する責任」がまったくありません。

わたしは、「心」の仕組みを理解していなかったために、まさしく「心のの赴くままに、なすがまま」にして、心にぶんぶん振り回されて、ぐるぐる考えこんだり、また、まったく逆のことやったりと、結局、目標が達成されなかったという経験が山のようにあります。(笑)

 

「意志や決断や、責任」のない車の運転を想像してみてください!

「私」がハンドルを握って、支持をくだしていないと、「心」は自動操縦のままあっちこっちにわき見をしたり、ぶつかったり、してしまいます。

「心」は「初期設定された意識の設計図」に忠実に「自動操縦」できるようにプログラムされていて、人生を展開させます。

 

「自分の心・思考・感情」、そして、自分自身を含め、意識の仕組みを理解することはあなたにとってどんなメリットがあると考えますか?

 

次は、さらに無意識に起きていることと、こころの作用と現実について紹介していきますね。

タイトルはズバリ!ブログ☆レッスン5「心を道具として扱う方法ー浮気される女被害者A子」

 

 

 

ホームページTOPへ👆  前へ/次へ 


アバターではどうやって学べますか?


「心を道具として扱う方法」について詳しくお知りになりたい方は「アバターの道」をおすすめします

※1冊3000円です。

 

また、アバターを学ぶ👇3つの方法をご紹介しています。

まずはあなたにピッタリの方法で意識のトレーニングを始めてみてください!

 

アバターSTART☆UP

「アバターを学ぶー3つの方法」はこちら👉