【肌断食はじめました。無条件の愛を研究するレポ②】

肌断食ー化粧品をたつという実験をしています。



夜は洗顔して、基礎化粧品(化粧水、乳液、クリーム)をやめてそのまま寝る。


朝は、水で顔を洗って、外出のときは、化粧水がないとファンデーションがのるか不安なので、少量の化粧水とファンデーションと、ポイントメイク!


という感じです。


変化したこと

①「睡眠ってお肌に大事」

って化粧品メーカーさんもいっておられますが、本当にリアルにお肌に反映します。


前は基礎化粧品でしっとりしたりしていたから、気づかなかったのだけど、ちょっと睡眠が足りないだけで、回復力(とくにタルミ)が違います。

当たり前だけど、皮膚もオヤスミ、充電がいるんですね。


②「自分への愛が増えた!」

自分の肌をよく見たり、触ったりすることが増えました。

触るときには、「よしよし」っていう愛をこめて触っています。

鏡をみるときも、前は「あっまたシミが・・・」みたいなダメなところにため息をつくような感じでみていたのだけど・・・・最近は「お肌さんも生きてるな〜」みたいな感じで観察するようになり、愛が増えました。


やり始めた頃は、何もつけないで寝るのが不安で、カサカサしているのが気になっていたけど、それもなくなり(慣れて)肌が元気になっている感じがします(笑)


もともと無精で、また自分へのケアがなかった人なのですが、③「脱化粧品のおかけで、逆にケアと自分へのケアが増えた」のも成果ですな。