内観のススメ③29歳。最高の失恋!

30歳までには自分の「人生の仕事」=「使命」のようなものを見つけたいと決めていて、オーストラリアの旅から帰り、「とにかくやってみる!」ことを自分に許して、わたしは芝居をやっていた。


今はお酒を一切飲まないけど、当時は稽古のあとから飲みにいって帰れずオールなんてことしょっちゅう。

(笑)

 


そんな中、ハッ!と気づくと、


なんと、わたしの「彼氏」に「彼女」ができていたらしく・・・



えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

 



そのときは28歳と11か月目 

ちょうど11月。・・・・木枯らし吹きさらし。



ぴゅーーーーー🍃




 

彼氏に彼女がいると知ったわたしは、何をしたかというと、みなさんの想像どおり


「ひどいwぎゃーーーーーw」

「わたし、いったいいくつやとおもってんねんw   (→彼には一切関係ないが八つ当たり・・・)」

「結婚しようとおもっていたのに!!ムキーーーー!!(きっと、男性にはゆってはいけない一言・・・)」

「サギやーーー!だまされたーーーーーーーーーー! (詐欺でもなければ騙されてもない・・・)」

 

 

ぎゃーーーーーw

ピーーーーーーw

オラオラーーーw

×10

×しばらく




一か月くらい経ち。

ひとしきり泣いて騒いで、そして、泣くもの疲れ、散々相手を責めてなじりきったある日。



「あれ?・・・・・・・

わたし長らくつきあってきたこの彼と、別に結婚したいと思ってはいなかったな・・」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


「え?いやいや、そう、でもずっと結婚しようと思っていたよ!」

 

え?いや?あれ?


でも、心のどこかでは、この人ではない・・・・って感じてた」

 

 

 

ハッ!!!!

 

 

もしかして、心には考えはひとつだけじゃないのかもしれない。

 

全く相反する考えが同時に存在してる・・・・・

 

 

さんざん、相手を責めたあと、自分の心の真実に気づき、5年も付き合っていた事実に愕然とする


ガーーーーーーーン

(笑)

(涙)


しかもさんざんなじってごめんなさい。



結局、わたし、ただ自分の心に正直じゃなくて、人生の責任を人のせいにしてただけやな。

 

 

あかん!あかん!あかーーーーん!


「じっ人生変えな!!」

「わたし、自分を変えたい!!」

 

 

「もうすぐ30歳になるし、ちゃんと考えな!」

 

 

ということで、いつもは雑誌、マンガのコーナーにしか立ち寄らなったわたしが、安直にも「資格取得」コーナーへ!

 真面目に働くぞ!



しばらくして・・・・

 全く、わくわくしない・・・・・涙。


絶望・・・・・・・・・・・・・・

(早っ!)

 


「今日は帰ろうか・・」と思った矢先、

ふと、目に飛び込んできたタイトル。

 

 

「自分は自分で変えられる」

 

なっ!なんと!?

人生を、自分をを変えなきゃと思った瞬間に、

「自分で自分を変えられる」って!

チャンスが現れたやん!!



神様---------------!!

 

 

続く。