内観のススメ④スピリチュアルな世界の扉。

「自分は自分で変えられるーセルフコーチング」

 

というタイトルの本。


当時は2002年で日本に「コーチング」というものが入ってきたばかりのころだった。

 

「コーチ」といえば、「野球?サッカー?」と言われ、

人のメンタルをサポートするコーチがいるなんて!

新しすぎた。

 

 

とにかく、わたしは「自分を変える!」ことに必死で、

その本をパッと開いた瞬間。

 

 

「あなたの夢、叶えていいんです」

 

 

と書いてあった。

 

 

本屋さんで立ち読みしながら、泣き出していた。

 

 


「わたし、夢を叶えていいんや。。。。。」

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと自分のやりたいこと、夢は何?って、ずっと、ずっと、探してはやりたいことやってきたけど、

心の奥底で本当に信じていたのは、


「夢なんてもってはいけない・・・・」だった。

 

 

みんな我慢して生きてる、やりたいことをやって生きてる人なんてひとにぎり。

好きなことをやって生きていく、そんな楽しい人生、なんだか、なんだか許せない。。。。。。。

好きなことをやって、夢や、目標、人生の目的を探している、それは、「甘え」だ。

 

本当は、心からこんなことを感じていたなんて。


本当に信じていいたのは、こんなことばっかりだった。



学生時代に教師になりたくて、でも、どんな自分で子供たちの前に立ったらいいかわからなくて、

でも、なんかわかった。


自分の本当に心から望んでいること、やりたいことをやったらいい!

それが叶うかどうかとか、お金が稼げるかどうか?とか、成果があるかどうかとか?結果がでるかどうかとか、

そんな条件なしに、「やったいい!」っていってあげる、そんな大人になろう。


20代、自分の本当にやりたいことが何か?

を10年かけて探してきたけど、ようやく点と点がつながり始めたのを感じた。



コーチングがはやるかどうかとか、どんな仕事かどうかとか、全く検討もつかなかったけど、

よし!コーチになる!

と直観的に決めた。

 


それからは新しい出会いの連続だった。

ただのOLさん。だったわたしは、コーチングの勉強会で、会社の社長さんや大手企業の人事担当の人、管理職の人、自営業の人、今まであったことがなかった人とたくさん出会っていった。

 

 

前の彼氏が去って行ってくれたおかげで、(笑)

飛躍的に人生が加速していって、

自分自身がどんどん成長しているのがわかった。

 

 

そして、このものすごいスピードの中で、

またまたオモシロイことが起こってきた。

 

 

「スピリチュアル」という世界の扉がひらいたのだった。

 

 

それは本当に、わたしから、というより、宇宙からやってきた。

 

出会った人がわたしに本をプレゼントしてくれることから始まった。


まずは、小林正観さん「幸せの宇宙構造」


次に、「これ絶対気に入るよ!あげる」と読み古された

「聖なる予言」

 


次に、「あなたの声を聞いたいたら、このセミナーが思い浮かびました〜」と

神のお告げのように一回しかあったことのない人から連絡がきて


「神との対話の著書、ニールドナルドウォッシュ氏の大阪での講演会(無料)」

 

 何も知らずにいったら、スピリチュアルな世界では有名な方だった。

 

ひょえーー!

 

 

勝手に精神世界の本がわたしのもとへとやってきて、

それ以降、本屋に行って立ち読みするのが日課になった・・

(☚買えよ!笑)

 

 

スピリチュアルな和洋折衷?過去世、リーディング、天然石、占い、アカシックレコードなどなど、

いろんな側面がある中で、

私が最もインスピレーションを感じたのは、

 


「色即是空 空即是色」

「あなたが神なのだ」(by 神との対話)

 

という、この謎のメッセージ。

 

 

知りたい!

この真理を、この謎を解明したい!


何かに強烈に惹きつけられて止まないわたしがいた。


 

 

続く。